少なめの貯金でも大丈夫な結婚式の費用節約方法

式場によって費用は変わる~利用したい式場の相場を確認しよう~

結婚式において必須となる結婚式場は、場所や規模によって費用が大きく変わります。しかし、高額な費用でも工夫をすることで大きく節約することができます。

お金のことで困らないために知っておきたい結婚式の費用相場

結婚式には高額な費用がかかると聞いたので不安になっています。どれぐらいの費用がかかるのでしょうか?
式場や内容によって大きく値段が変動しますが、80人ほどのゲストを招待する場合は300万円以上が相場となります。しかし、300万円を自己資金で賄うのはよほど貯金がないと難しいです。よって、一般的にはご祝儀を結婚式の資金として使用するのが一般的です。これにより一人あたり3万円貰ったとした場合3万×80で約240のご祝儀となります。また、両親から少々援助してもらうというケースも少なくありません。そのため、平均して約100万円あれば結婚式を挙げることができます。
みんなどのようにして結婚式の費用を準備しているのですか?
基本的には新郎新婦2人の貯金、ご祝儀、親からの援助の3つになります。全額自分で負担しているという人もいるにはいますが、ほぼ7割以上の人がご祝儀や親からの援助を受けて結婚式を挙げています。なお、親からの援助を断って2人の貯金を全額おろしてでも全て自己負担で行おうというのはあまりおすすめできません。なぜなら結婚してからは、一人での生活よりも貯金が必要になることが多いからです。そのため、親御さんからの厚意はありがたく受け取りましょう。

結婚式にかかる費用の大半はご祝儀や援助で賄うことができます。しかし、それでも100万円ほどの自己負担は必要になりますし、冠婚葬祭などによる予想外の出費が発生することも考えられます。よって、計画的に貯金を行い、余裕を持って結婚式を行えるようにしておきましょう。

式場別の費用~70人~80人を招待する場合の相場~

大人数にも対応しているホテルウェディング
一番人気が高く、オーソドックスなのがホテルウェディングです。設備もサービスも充実しており、少人数から大人数まで様々な人数に対応できるのもホテルウェディングの強みです。しかし、その分費用が若干高めであることが多く、ホテルのグレードにもよりますが、必要な資金は平均して約330万円前後の価格となります。
自由度が高い演出ができるハウスウェディング
こだわりにこだわり抜いた結婚式がしたいというのであればハウスウェディングがおすすめです。開場をほぼ貸切状態で使用できる他、結婚式の雰囲気を盛り上げてくれるエントランスやプールなど充実した設備を使用することができます。貸し切りのため演出やパーティも自分好みにすることができます。費用はホテルウェディングよりも若干高めであり、平均して約370万円前後となります。
料理にこだわりたい人向けのレストランウェディング
安価で結婚式をしたいのであればレストランウェディング人気です。費用相場は約260万円前後とホテルウェディングよりも安価となっています。堅苦しい雰囲気よりも砕けたアットホームな結婚式にしたい新郎新婦におすすめです。レストランのシェフによる一級品の料理を振る舞えるというのもレストランウェディングの強みの一つです。
結婚式に特化している専門式場
ホテルウェディングよりも安価で、なおかつ雰囲気のある結婚式をしたいのであれば専門式場での結婚式になります。結婚式に特化した式場のため、進行がスムーズに進行するのが強みです。場所によっては海の見える結婚式場や緑に囲まれた結婚式場もあり、ハウスウェディングに近い雰囲気で式を挙げられるのが魅力の一つです。なお、費用相場は平均約300万前後となっています。

貯金がないならお得な日取りを狙おう~コスパが高い日取りを紹介~

結婚式を挙げたいけど2人の貯金をあわせても貯金額が心もとなく、結婚式を挙げられるかどうかが不安という人も少なくありません。そんな時は結婚式の日取りをチェックし、お得な日取りを探してみましょう。実は結婚式にはオフシーズンがあり、安価で式を挙げることもできます。

貯金があまりないならお得な日取りを狙おう

真夏や真冬などのオフシーズン
一番オーソドックスなのがオフシーズンを狙った結婚式です。真夏や真冬は礼服だと過ごしにくいため、お得な日取りとなっています。ちなみに、ジューブライドで有名な6月も日本では梅雨のシーズンなので実は不人気のため、安価で式を挙げることができます。
六輝で良くないとされている仏滅
式場によっては仏滅の日は割引を行っているところが意外と多いです。お日柄が良くないとされる日なので避ける人は多いのですが、近年では気にしないというカップルが増えています。
平日や連休中日
家族だけ、あるいは少人数のゲストのみで式を挙げるというのであれば平日も安価でできることが多いです。また、休日に行う場合は休日の中日や連休最終日の夕方に行うナイトウェディングは安価で予約しやすくなっていることが多いです。
直近の1ヶ月~3ヶ月以内
結婚式には予約をして準備する期間というものがあります。この準備期間をできるだけ短くすることで安価で式を挙げることもできます。このプランは公開していない式場も多いため、予約をする際に聞いてみるとよいでしょう。

値下げを成功させた人の声

8月の閑散期を選んだためお得に挙式ができました。(30代/男性)

8月の真夏日に予約をしたところ、閑散期だったようで控室料や挙式代がなんと半額になりました。更に仏滅だとお安くなるといわれましたが、思いの外安価だったため大安吉日に挙式を行いハッピーな気分でゴールインしました。

私はこれを使ってつやつやになりました!(30代/女性)

安く済ませる方法はないかと尋ねてみたところ、仏滅の日は安くなるといわれたので確認したら予想以上の安さだったので結婚式を挙げました。私はそんなの全く気にしないし旦那に至ってはキリスト教徒だったのでこれはお得と喜んでくれました。

このように、安く結婚式を挙げる方法は意外と多く、工夫次第で安価に行うことは決して難しくありません。しかし、安価で行おうとした場合、どうしても妥協しなければならないところが出てくる可能性もあります。しかし、妥協のない結婚式を挙げたいのであれば、貯金は計画的に行いましょう。

TOPボタン