結婚式をあげるための費用はコツコツ貯金して貯めましょう

貯金が2人を救う!結婚式予算を上手に貯めよう

結婚式を盛大に挙げるためには何はなくとも貯金です。2人でコツコツとお金を貯めて最高の結婚式を行いましょう。ここでは、そんな幸せな結婚式を挙げるためのお金を貯める効率的な方法を紹介していきます。

理想の結婚式を実現するための4つの貯金方法

2人の共通の口座を作る
有効な手段としてオーソドックスなのが、2人共通の口座を作ることです。ポイントとしては金利の高い金融機関で定期預金を作るのが好ましいです。普通預金ならばうっかりと手を出しやすくなってしまうため、そこからトラブルが発生する可能性もあります。そんなトラブルを防ぐために一定期間は引き出せない定期預金を利用しましょう。定期預金は預ける期間を利用者が選べるので、結婚式までの期間を決めて口座を作りましょう。
家計簿をつけて無駄を減らす
小さなことからコツコツと行うのであれば、家計簿をつけて無駄な出費がないか管理するのもよいです。人は倹約しているつもりでも、意外と無駄遣いをしていることが多く、出費の内訳をまとめることでムダを省くことができます。そしてそのムダな分を貯金すれば、数ヶ月で結構な額になっていることが多いです。なお、家計簿はパソコンの家計簿ソフトを使用すれば計算も自動で行ってくれるため、非常に楽です。
2人で節約できることを実践する
実際に家計簿をつけたのであれば、そこから無駄を省いていきましょう。例えば意外とお金がかかる通信費はプランを安いものに変えることで大幅に節約することができますし、食費も外食ではなく自炊することで大幅に出費を減らせることができます。2人でデートする時も食事はお弁当を作ったり、家で夕食をとったりすれば食費に関してはだいぶ節約できますし、料理の腕前を磨くことができます。1ヶ月や2ヶ月ではあまり実感できないかもしれませんが、1年間やり続けるとかなりの額を貯金することができます。
投資でお金を増やす
これは少しリスクがあるため万人におすすめできる方法ではありませんが、株投資でお金を増やすという手段もあります。少額から投資できるものに投資をし、得た利益を結婚式の貯金にあてましょう。ポイントとしてはできるだけリスクの少ないものを狙うことであり、全く未経験の場合は素直にコツコツと働いて貯めることをおすすめします。せっかくの貯金が投資の失敗でなくなるというのは絶対に避けましょう。

先輩夫婦の意見を参考にしよう

費用で困っていることがあるならブライダルカウンターへの相談がオススメ!(30代/男性)

僕も妻も結婚式に関しては詳しくなかったため、具体的な対策がわかりませんでした。そこでどうすれば良いか調べると、ブライダルカウンターに相談すれば良いアドバイスをもらえると聞き、相談をすると安価のプランを紹介してくれました。おかげで当日は両親もみんなも喜んでくれる最高の式を挙げることができました。

理想の結婚式をするために600万円近く貯金をしました。(30代/女性)

2人の意見を話し合った結果、盛大に祝いたいということで意見が一致したので1年間必死に働いてコツコツ貯めました。長期期間準備があったのですが、必要金額である600万をなんとか貯めることができました。私一人だと絶対に途中で妥協しましたが、旦那と一緒に頑張ろうという意識で貯金をすると多少の面倒なんて苦になりませんでした。

やっぱり資金はないよりあったほうが良いですよ。(20代/女性)

貯金が訳あって乏しかったので、ご祝儀を結婚式の資金にあてることにしました。今でも生活に不自由はありませんが、もう少し貯金してればもう少し遠慮することなく大きな結婚式を挙げられたかもとたまーに思います。それでも両親は喜んでくれたし、十分幸せな結婚式でしたけどね。

結婚においてお金が全てではありません。しかし、お金があるかないかだとやはりお金があったほうが選択肢の幅が増え、自分の理想とした結婚式を行いやすいです。そのため、盛大に祝いたいのであれば年間を通してコツコツと貯金をして資金を貯め、いつか来る結婚式のために十分な貯金を用意しておきましょう。

お金に余裕ができれば理想の結婚式ができる

お金に余裕があれば、様々な結婚式ができます。中には少し珍しい結婚式を挙げることだってできるので、思い出に残る式を挙げることができます。また、一生に一度の結婚式を海外でもすることができます。

貯金があるなら実現可能!海外リゾートウェディング

海外リゾートウェディングの魅力
海外リゾートウェディングの魅力は、何といっても日本では味わえない結婚式ができることです。例えばハワイで挙式を挙げる場合、美しい青空やきれいな海岸で挙式を挙げることができます。参加者の礼服もアロハシャツで行えるため、リラックスしたアットホームな雰囲気で挙式を挙げることができます。他にも、日本にはない景色で一生の思い出となる写真を撮ることもできるため、海外のリゾートウェディングは人気が高いです。
気になる海外リゾートウェディングの費用
そんな海外ウェディングの相場ですが、実際には日本の結婚式とそこまで費用がかかりません。例えばハワイで挙式を行う場合、滞在費や衣装代、そして肝心の挙式代など総合すると300万円以内が相場であり、日本の挙式とそこまで変わりません。しかし、参加者の交通費や滞在費も負担するとなるともちろんその金額は大きく膨れ上がりますし、自己負担の場合はゲストの多くが参加できないことも多いです。よって、総合的な自己負担額は日本で行うよりも割高になることが多いです。

海外での挙式は2人の夫婦生活においてかけがえのない思い出になることが多いです。しかし、その分費用が高くなるため貯金は必須であり、より計画的に貯金を行う必要があります。また、安価で海外ウェディングが行える業者を探すのも結婚資金の削減において重要です。

TOPボタン